JOSHIRYOKU-UP ORG

Sorami Miyamoto

- Sorami Miyamoto -

アドバイザー

PROFILE

プロフィール

職歴

重症心身障害児(者)施設、二次救急病院の循環器内科、呼吸器科、消化器科、一般障害病棟、形成外科クリニック

病棟看護師→NPO法人BLS救急チーム→災害派遣看護師→起業ナース

尊敬する人

マザー・テレサ

座右の銘

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
マザー・テレサ

趣味

乗馬、セスナ機やパイパーの飛行機で遊覧し空を眺めること

資格

看護師国家資格、AHA-BLSヘルスケアプロバイダー、AHA-ACLSプロバイダー、救急インストラクター

略歴

身長 163cm

特技 人の心を癒し支え救うこと、心肺蘇生法

好きなモデル ソン ユンジュ

Instagram  ns_sorami

 

幼い時からの夢であった看護師になり、一般病棟経験を経て救急に関する資格を取得。

その後、資格を活かし社会貢献するため、NPO法人のBLS救急チームに所属。数々の大規模イベント救護を始め、企業や看護大学で心肺蘇生法等の講師を勤める。

また、災害派遣看護師としても活動しており、災害現場で救護活動を行うなど積極的に看護師として経験を積み視野を広げている。

自身にとって「空」は、かけがえのない場所であり、全ての人に平等・無垢で清らかな場所だと考えています。
そんな憧れの場所で、いつか看護師として人の役に立ちたいと思い事業を計画しました。

長年、病院で看護師勤務する中で思ったことは、病院では“質の高い、手厚い看護”をするには限界がある、ということです。

私の理想の看護は、マンツーマン、もしくは少人数であること。それが最も看護の質を上げることになり、丁寧な看護ができます。

して、なによりも“看護職”という仕事の社会的地位を向上させることで、看護師のイメージアップや離職率低下につなげたい、と強く思っています。
そこでプライベートジェット機の空間で、丁寧で手厚い看護ができないか?ということで辿り着いた答えが現在のスタイルでした。
そもそも飛行機の中のサービス業は、キャビンアテンダントがしますが、看護業務はできません。そこで看護師が同乗することで更に安心と安全を提供できる空の旅が実現すると考えます。
まだ日本はプライベートジェット機に関して発展途上であり、“プライベートジェット機専属看護師”などと言う職業はありません。

だからこそ、誰もやったことのないやりがいのある挑戦を自らするべきだと思っています。

世の中には、私のようなアクティブ&ポジティブな看護師が存在することを少しでも知って頂けたら嬉しいです。

WORKS

実績・作品

”女子力向上委員会”では、 夢を叶えたい女性を応援するため、
あなただけの自分プロモーションサイトを無料で制作します。

私たちが制作したオリジナルのYouTubeやSNSで、
大いに自分をコマーシャルし、ぜひ夢をつかみとってください!

CONTACT US

お問い合わせ

無料プロモーションにエントリーされる方は、左下のボタンよりお問い合わせください。
また、“女子力向上委員会”では、一緒に応援してくださる企業様を募集しております。
ご興味のある方は右下のボタンよりお問い合わせください。